体験型観光で活性化

現地ならではの体験型観光

新しい観光の仕方とは

今、観光業界で注目されるキーワードは、体験です。従来のように、ただ美しい景色を見る、美味しいものを食べる、だけでは飽き足らず、なにか訪れた場所で特別な経験をしたいというニーズが増えているからです。地域活性化が叫ばれていますが、この体験はすぐにでも活用し、地域の活性化に活かすことができます。例えば、農家の暮らしを一緒にしてみること、海沿いでは魚料理を一緒につくること、日常のなにげない生活こそがこれからは観光資源になる時代です。日本の田舎は都市部にはない文化があり、海外の旅行者からも関心が高いのも地域活性化の可能性を感じさせてくれます。

奈良の工芸体験で地域活性化を

伝統工芸が盛んな奈良では、観光客増加と地域活性化を目的として、さまざまな工芸体験を実施しています。例えば、和紙が有名な吉野では、手すき和紙を作れる工房がいくつかあります。葉っぱや押し花を使い、自分だけのオリジナル和紙を作れるのは貴重な体験ですよ。また、奈良県の伝統的な焼き物・赤膚焼を作れる工房が、奈良市内には点在しています。手先が不器用で、一から作る自信がない方でも大丈夫。気軽にできる絵付けも実施しています。みなさんも奈良観光に訪れたら、奈良の伝統工芸にチャレンジして、地域活性化に貢献してみませんか。

地域活性化貢献の観光情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 観光地のイベントチェック All rights reserved